作曲家の仕事(ポップス)--よくある質問2

作曲家の仕事(ポップス)
   --よくある質問2


Q.コンペ応募用デモテープのアレンジはどこまでやればいいの?

A.本来、作曲家の仕事の範疇は「メロディーと基本的なコード進行だけ」です。
 したがって、トラックで挙げると、
 ・ドラム
 ・ベース
 ・パッドorピアノorギター(ストローク)
 ・メロディー
 だけあれば十分なハズ。

 しかし、現実にはもっとトラック数を増やし、内容も充実させる必要があります。
 その理由は?

 1.曲が採用された場合、
 「別途、アレンジャー(編曲家)を頼まなくてもデモテープを作れるから」です。
 つまり、アレンジャー(編曲家)の費用をケチってる訳です。
 (自宅で録音もできるならエンジニア代やスタジオ代もケチれます。
  その場合には、マイクマイクスタンドケーブル
ウィンドスクリーン
も必要です。くわしくは ボーカル録音に必要な機材1をご覧ください。)

 2.「こういうアレンジにしたらこうなるな」という予測ができない、想像力のない
 ディレクターには完成形を見せないと採用できないからです。
 「こういう楽器を乗せればゴージャスになりますよ」と口で説明されてもイメージ
 できない場合には、打ち込み(DTM)で本物に似せたものを作って、
 聞かせてやる必要があります。
 特にCM作曲家の場合、最終的な決定権があるのは、
 音楽のプロではない広告主企業の方です。
 完成度の高いデモテープ作成能力が求められます。

 ただし、実際にアーチストに歌わせてみないと曲のキーが決まりません。
 想定されるキーの上下2-3度は移調したものも用意しておきましょう。
 従って、ギターなどの生楽器を増やしすぎないようにしておきましょう。。

Q.作曲家のオーディション用デモテープにボーカルは必要?

A.基本的にはあった方が良い(ベター)ですが、必要ではありません。
 あった方が審査するほうも分かりやすい。
 ある程度、上手なボーカルの人にお願いしましょう。
 VOCALOIDという手もありますが、作曲家としての経験を積むためには、
 多少、お金を払ってでも、「生身の人間に歌ってもらう」事で得るものは多いです。

Q.作曲家のコンペ応募用デモテープにボーカルは必要?

A.不要です。
 歌うのが特定アーチストに決まっているなら、ヘンなイメージがつかないように、
 楽器でメロディーを入れておく方が無難です。
 音色はフルート・サックスなど歌と同じように息が必要で、音価(音の長さ)を調整でき、
 かつ、オケの中で使ってないものにしましょう。

Q.作曲家のコンペ応募用デモテープのミックスはどこまでやればいいの?

A.これは本来、どうでもいいものです。
 昔はカセットテープにギターやキーボードでコードを弾いた上に鼻歌を載せたもので
 十分でしたから。
 しかし、現代は、上記1つめの理由で、ある程度のクオリティが求められる時代です。

 とは言え、本番CDの時にはプロのエンジニアがミックスしてくれます。
 また、音質をある程度のクオリティに維持するのは、現代ではさほど難しくありません。

 ここで時間をかけても、ギャラや印税は増えません。
 突き詰めてやる必要もありません。
 パパっと短時間で、ある程度のものを作れるように場数をこなしましょう。
 デモテープはデモテープでしかありません。

Q.作曲家のコンペ応募用デモテープにマスタリングって必要?

A.本来、CDプレスしないものに正確な用語としての「マスタリング」は不要です。
 ただ、一般に言われる「音圧上げ」のような作業を指すのであれば、答えは
 「ある程度やった方が派手に聞こえるので、アホなディレクターはダマせるかも」
 という程度のものです。とにかく締め切りが短いですから、これもパパっと短時間で。

 ただし、応募用のデモテープに複数曲入れる場合には、音量や音質が揃ってる方が
 聞きやすい(判断しやすい)と思います。
 聞く方もプロですから、「本当に良い曲なのか、音がデカいだけなのか」はすぐバレます。

Q.とは言え、最近はCD製作の予算が少ないものも多いのでは?

A.その通りです。
 しかし、赤字になってでもやるのは「仕事」ではありません。
 実績がなく、どうしても経験を積みたい時期でなければ、
 安い値段で何でもやるのは考えものです。
 結局、音楽以外の仕事で食っていかなければならなくなります。

プロのエンジニア・作曲家・編曲家を目指すならProTools M-Box
作曲家・編曲家を目指すならAVID / Pro Tools Mbox Pro (ProTools9同梱版)

作曲家・編曲家を目指すならAVID / Pro Tools Mbox Pro (ProTools9同梱版)
価格:94,500円(税込、送料込)


DAW時代の音楽制作テクニック集!Rittor Music 作曲家+編曲家+エンジニアが指南! プロの曲作りが分かる本

DAW時代の音楽制作テクニック集!Rittor Music 作曲家+編曲家+エンジニアが指南! プロの曲作りが分かる本

バンドスコア ピース 教本 ギタースコア 楽譜 専門店リットーミュージック / コンポーザーが教える作曲テクニック99

リットーミュージック / コンポーザーが教える作曲テクニック99



【作曲家になりたい人のためのブログ】

作曲家の仕事(ポップス)
作曲家の仕事(ポップス)--よくある質問1
作曲家の仕事(ポップス)--よくある質問2
音楽の仕事!TVや映画音楽の作曲家になる方法①
CDができるまでの流れを知ろう② まずはメロディーだけ 作曲家の仕事

↓ プロの ミュージシャン/バンド/ボーカル/作詞作曲編曲/ディレクター/音響エンジニア/
声優/Webデザイン/DTP/グラフィック/編集ライター/映像制作 への道は、無料の資料請求からスタート!
スクール・講座一括無料資料請求
リッスンジャパンは5万以上のアーティスト 40万曲以上の楽曲を簡単検索、全曲無料試聴!
リッスンジャパンで試聴&ダウンロード
サウンドハウス
音楽ブログランキングへ Top 100 Music
[PR]

  by recordingmusic | 2010-12-31 02:56 | 音楽の仕事!音楽の仕事の種類

<< 音楽の仕事講座 CDができるま... 作曲家の仕事(ポップス)--よ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE